【青木りん】2011年の再販だそうです。 – 帰ってきた素人四畳半生中出し Kカップの超乳 青木りん32歳

帰ってきた素人四畳半生中出し Kカップの超乳 青木りん32歳

窓を開ければ神田川…三十路妻、青木りんさんが四畳半に訪れました。

尊敬すべき超乳の奥様。

外でもチ●ポの上でも動くたびにオッパイがタプンタプン揺れます。

清楚なブラウスが弾ける寸前までパツンパツン…清楚だからこそ、逆に卑猥へと彩ってしまう魔性乳房のジレンマ!!四畳半という狭い空間にボリュームある女体のセックスというギャップ!騎乗位で揺れまくるオッパイと喘ぎ声を必死にこらえる彼女がエロすぎる! 撮影>神田川ブルース。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「帰ってきた素人四畳半生中出し Kカップの超乳 青木りん32歳」の本編動画はこちらから

女優名: 青木りん

豊満な体をやりたい放題

青木りんがうまく料理されている感じ。

個人的には前半のやられっぷり満載の流れが好きだ。

おっぱいもお尻も好きなだけ責めている感じというか、むっつりスケベ男が羨ましい。

とことん男が楽しんだ後、翌日なのか?明るい部屋でのお互いが感じあうセックスが繰り広げられる。

若い頃、こんな安アパートに住んでいたことがある。

セックスするチャンスがあると何も考えずに夢中になるだけだった。

隣人から苦情があったのは当たり前だったなと過去を振り返ることもできた作品だった。

これはかなり好きな構成だ。

爆乳爆尻天使現る!!!

他のレビューの通り再販だが、映像もそこまでの古さを感じないし、むしろこの古い四畳半の部屋には映像が古い方がノスタルジックさが強調されていいのかもしれない。

再販だろうがなんだろうが、Kカップ108cmの規格外のりんりんを200円で見れるなら誰も文句は言わんだろう。

男優の声が一切入っていないのが◎ 意外に使える穴場作品

(再レビュー)低予算で作られた作品で取り柄のないように思えるが、男優の存在感が薄い点が幸いしてより感情移入しやすいものに仕上がっている。

りんちゃんのフアンならば、たまにはこういった作品もお口直しに!2011年、本人が26才の時に撮影した作品の再焼き直し。

よって、レビューも当時のレビューをコピペしました。

作品の『二次使用』では「題名だけ変えて同じ作品を再販売する」という全く新しいカタチで業界の作品リリースのあり方に一石を投じる、ある意味問題作となった。

2011年の再販だそうです。

久々の可愛いリンリンです。

と言っても2011年(26歳)当時の作品の再販とのことですが。

りんりんは素が良いので化粧は薄いほうがいいです。

最近の厚化粧はいただけません。

今残っているファンはデビュー当時からのおじさん達がほとんどで、あの頃の可愛いりんりんを求めていると思います。

彼女は男優さんの好みがはっきり出るようで、キスシーンがとても良く、特に対面座位は愛情があるセックスを感じます。

彼女はセリフも上手なのでセリフが無いのが残念ですが、この作品はそれで良いのかも知れませんね。

男優さんの顔にモザイクがかかっているのと、一人で出ているのかだんだん量が少なくなっていくのが残念です。

最後に特典映像は鈴香音色なので、リンリンが目当てなら再販を買う必要はありません。

「帰ってきた素人四畳半生中出し Kカップの超乳 青木りん32歳」の本編動画はこちらから

Related Posts