【大越はるか, 横山翔子, 若林ひかる, 黒木小夜子(秀吉小夜子)】オンナの深層心理・・・ – 変態女はソレを我慢できない 縛られ、吊るされて犯●れたいM女/生理が近づくとレ●プされたい異常性欲妻/行きずりの男とするゴムなし乱れ牡丹

変態女はソレを我慢できない 縛られ、吊るされて犯●れたいM女/生理が近づくとレ●プされたい異常性欲妻/行きずりの男とするゴムなし乱れ牡丹

この世に何の為に生まれて来たか…変態女と言われて興奮する女たち。

★生理が来るとレ●プされたい★縛られ吊るされ犯●れたい★義母は母にあらず、女なり★行きずりの男とゴムなしSEX…リアルで卑猥な異常女たちの欲情!

「変態女はソレを我慢できない 縛られ、吊るされて犯●れたいM女/生理が近づくとレ●プされたい異常性欲妻/行きずりの男とするゴムなし乱れ牡丹」の本編動画はこちらから

女優名: 大越はるか, 横山翔子, 若林ひかる, 黒木小夜子(秀吉小夜子)

黒木が良い

義母を演じる黒木のストーリーが良い。

高校生役の男、帰宅すると、昼寝している黒木を見つける。

生足に興奮したのか、音を立てずに近づく。

後ろからスカートをめくり覗く。

さらにシャツの首元を伸ばして胸を覗く。

目が覚めて異変に気付く女、叱責してから離れる。

テーブルに向かい内職を始めるも、男を追及。

男は終始無言、そして不意打ちで襲いかかる。

力ずくでパンティーを脱がせ、胸に喰らい付き、マ〇コを舐める。

立ち上がり、裸になるや否、背を向けている女を襲う。

どうにかして挿入しようとするが抵抗される。

「やめて」、「やらせんか。

やらせるまで放さん」。

一旦二人とも少し離れて座る。

女は叱責し、本気でヤルのかと追及。

興奮冷めない男はチ〇ポをシコシコ。

何を言っても聞く耳持たず、仕方なし男を受け入れる。

着衣のまま正常位、女はかなり感じている。

最後は陰部横に発射。

終わるや否や男は離れて、やり切った感の表情。

精液をパンティーで拭く女、疲弊し、やられた感の表情がたまらない。

イマイチ

現実問題、こんなオンナ居るのかなぁ?・・と疑問。

まあ話の展開上こういうシチュだからしょうがないか。

絡みはどれもイマイチで盛り上がりに欠ける。

なかんずく、最後のゴムなし乱れ牡丹がましかな。

ちょっと残念

第3話の黒木さんがいつもながら淫靡な雰囲気でしたが、ストーリーが短く不満が残りました。

オンナの深層心理・・・

確かに、現実にはこの作品のような女は現れないと思うけど、オンナが口には出せない気持ち、心の奥深い心理を映像化したものと理解する。

大越はるか、横山翔子、黒木小夜子、若林ひかる、それぞれに良い演技だと思う。

特に、黒木小夜子のラストの表情や、若林ひかるのラストの独白は女心を表しているようで良かった。

この作品に対する脚本、監督のメッセージを感じる。

「変態女はソレを我慢できない 縛られ、吊るされて犯●れたいM女/生理が近づくとレ●プされたい異常性欲妻/行きずりの男とするゴムなし乱れ牡丹」の本編動画はこちらから

Related Posts