【樹花凜(七咲楓花)】すばらしい。 – ドマゾ淫語中毒症候群 樹花凜

ドマゾ淫語中毒症候群 樹花凜

【痴女もの淫語AVは数多くあるけれど、ドマゾな淫語に特化した作品はない…】その事に悶々としていた方々、僕もです!だから、僕が、撮りました!【ドマゾ淫語を沢山言わされて、恥ずかしがって、でも自分の言った事に興奮して、陶酔している…】そんな樹花凜ちゃんの姿を見て下さい!フック菊池の初監督作品は、淫語にかける熱い想いと変態性が詰まったドマゾ淫語作品だ!

「ドマゾ淫語中毒症候群 樹花凜」の本編動画はこちらから

女優名: 樹花凜(七咲楓花)

顔隠すな!

パンツを顔にかぶせたり、アイマスクを着けたままではせっかくの女優の表情が見えないではないか!

従来の淫語AVに飽きた方に

まず、本作で樹花凜嬢が発する言葉は「セリフ」ではない。

ここが従来の「淫語ものAV」との大きな違いである。

樹花凜嬢が覚えたであろう淫語の量はケタ違いである。

「淫語」=「淫乱」な女が発する言葉。

という作品が多い中、マゾな、しかも数多くの良作SM作品に出演しているどマゾな花凜嬢にどマゾ淫語をしゃべらしている。

しかも、これまでのSM作品では泣き叫んでいるだけの事が多く、どマゾ淫語に特化した作品はなかった。

出尽くしたと思ったAVジャンルの中で、ここに気付いてくれた監督と、ケタ違いの淫語量を覚え、そして自分の言葉として消化し、昇華させてくれた花凜嬢に、ただ、拍手を送りたい。

今年見たAVの中で最高に満足させてくれた1本のうちの一つ。

すばらしい。

「淫語もの×ドグマ」でビーバップみのる監督さんの「淫語痴女」を見ているヘビーユーザーです。

「淫語痴女」とは似て非なる「ドマゾ淫語」ですが、いい!!樹花凜さんに「淫語痴女」は…やはり違う。

「ドマゾ淫語」でなければならないのです。

渡辺徹が偽関西弁を使っている時に違和感を感じるように、「痴女」ではない人に「淫語痴女」をさせても興奮しないでしょう。

AVなんだからセリフであることは、ひとまずおいといて、可愛い女優さんが、自分の言葉でいやらしい言葉を話している。

そこが「淫語もの」の基本であり、原点であるという気がします。

数多ある「淫語もの」作品の中でこの原点を抑えている作品は意外と少ない…。

あ、長文失礼しました。

色々書きましたが、一言、すばらしい!!

「ドマゾ淫語中毒症候群 樹花凜」の本編動画はこちらから

Related Posts