【華山美玲】高級会員制女体拷問クラブ「淫閣」 – 恐淫アクメ 淫閣 PUSSY HUNTING HOUSE Part4

恐淫アクメ 淫閣 PUSSY HUNTING HOUSE Part4

高級会員制女体拷問クラブ「淫閣」。

ここでは日夜、男たちの欲望を満たす為に女性がオークションに掛けられ売買されている。

当の女性が知らないウチに…。

人妻「美玲」は普段通りの生活を送っていたはずだった。

その日までは…。

ある日突然、携帯がなる。

そしてその一本の電話が彼女の悲劇の始まりだった…。

「恐淫アクメ 淫閣 PUSSY HUNTING HOUSE Part4」の本編動画はこちらから

女優名: 華山美玲

ここまで感じてくれれば

華山美玲に演技力があるので、気の強い金持ちの人妻を堕とすという落差の演出が効果的。

感度も抜群で痙攣しまくってるし、女優の他の作品では見られないアナルプレイも充実しており、二穴責めで激しくいきまくる痴態は見ごたえあり。

使う道具は定番ばかりであり、シリーズならではの個性というのはほとんど感じられないが、ここまで女優が感じまくってくれればBABYのファンには些細な問題だろう。

どうなんでしょう?

なんか俺的には今一な感じでした。

ピクンピクンしながらイクのはとても良いですけど、もっともっとの要求姦がちょっとお疲れ気味で、何となく迫り来るゾクゾク感がなかった様な、そんな印象を持ちました。

堪能しました。

快楽で跳ねる華山美玲さんの柔らかそうな身体がとても美しい。

女性のイク姿は神々しい。

訳がわからない状態のときも、反応が一辺倒ではなくぐんぐん惹き込まれました。

とても魅力的な女優さんです。

怒ってヤンキー口調になる優さんVS恫喝する辻丸氏も良いのですけど、私はこちらの方が好みでした。

多少温めの方が好き

このメーカーの作品にしては、他の作品に比べて電動器具の活用が少なめな気がしました。

最近は電動器具中心の責めが多過ぎて(他メーカーも含め)、少なからず辟易していたのですが、個人的には”手”が中心のほうが好きです(舌などもあれば、もっと良いのですが)。

また、手枷を外し、抵抗するは状態を某氏が押さえつけている絵もいいし、身体が堕ちても心が踏ん張っている状態の演技もいいです。

本来、捜査官ものが好きなのですが、序盤の男言葉や堕ちるのが早い点がイマイチでした。

捜査官ものも本作のような作りにして頂きたいものです。

最後にメーカーさんへお願いですが、是非とも牧原れい子さんと北条麻妃さんを早く起用してくださいm(。

)m

彼女のファンならまずは必見

ムッチリM牝奴●の華山美玲嬢が辻丸耕平軍団に凌●される一作。

彼女の本当にイヤラシイ体付きと乱れっぷりを堪能できる水準作です。

ファンの方は必見かと。

熟女が二穴を犯●れる

アナルも責められて完全にイッている。

華山美玲は若くはないが垂れてない巨乳で体も絞れている。

しかしこの作品には演出に問題がある。

責める男は金融ヤクザだから凄んで女を恐怖心からいたぶるような奴が登場すべき。

しゃべりだけの辻丸が出てくると話に合わす必要もないのに責めの手が緩慢になる。

また責められて暴れてるのに両手の拘束をほどき自由にさせてしまうような愚行。

シリーズが違うのになんで女体拷問研究所の所長が出演するのか意味が分からない。

そもそも論で禿げ頭カリスマ性ゼロの辻丸が組織のトップなのか不思議。

熟女らしい体形の女優。

責め甲斐のある体で、尻穴も含めて存分に責められる。

特にアナルバイブを挿入されたままで何もせずにイッてしまうシーンは中々。

最後のSEXも嫌がりながらも結局喜んでチ○ポを咥えるのも良かった。

高級会員制女体拷問クラブ「淫閣」

エロコミックの設定でありそうな,高級会員制女体拷問クラブ「淫閣」。

女性をオークションにかけ,女を買う男。

4作目で落札された女は,ムチムチボディーの人妻,華山美玲。

そんなアラサー熟女,華山美玲が挑むハードなプレイ。

拘束され,全身を弄ばれ,ついにはオ○ンコ中心の攻め。

彼女に許されることは,身をくねらせイキまくる事と潮を噴く事しかない。

百戦錬磨のオ○ンコは,ただの性感帯になってしまいますが,きっちりチ○ポも受け入れます。

「百花美人」でデビューした頃は,こんなハードなプレイをするとは思っていなかったけど,本性がハード志向だったのか,次第に肉体が順応してきたのか・・,いずれにせよオ○ンコは大切に。

「恐淫アクメ 淫閣 PUSSY HUNTING HOUSE Part4」の本編動画はこちらから

Related Posts