【月本愛, 咲良つむぎ】ソフトレズの典型。派手さはないが、イメージを好まれる方に良い – はじめてのレズ友達〜ふたりきりの放課後〜 月本愛 咲良つむぎ

はじめてのレズ友達〜ふたりきりの放課後〜 月本愛 咲良つむぎ

天真爛漫な愛と、物静かなつむぎ。

同じ塾に通う2人の女子校生はお互い言葉を交わす事もなかったが、ある日、アルバイトをしているつむぎの姿を、愛が見つける事によって2人は急接近する。

愛の家に招かれたつむぎは、仲良く宿題をする事になるが、愛は勉強そっちのけで恋愛話をし始める。

経験の少なさを愛に嘲笑されたつむぎは、突然、愛に口づけをする…。

「はじめてのレズ友達〜ふたりきりの放課後〜 月本愛 咲良つむぎ」の本編動画はこちらから

女優名: 月本愛, 咲良つむぎ

レズって

ほんとにいいもんですね。

ここにまた一つ新たにレズカップルが誕生した。

この調子で世界にレズカップルが増え、世界が愛で包まれますように。

すごくありかも??

いわゆる、ソフトレズ。

タイトルどおり、2人の女子がレズデビュー??するお話し。

実際の女子の世界ではこんななのかなぁ~けど、僕はすごく好きな作品でした。

イヤらしさがなく、2人の性格が良く描かれていて購入して良かったと思える作品です。

展開がスローすぎ

裸になるまでに時間を掛けすぎ。

いざカラダを重ね始めても、特にたいしたこともせずに時間切れ。

何を見せたくてこの作品を撮ったのかコンセプトが見えてこない。

照れ笑いはいらない。

ドラマ部分には多少は力を入れてるみたいだけど、絡みに入ると、終始、照れ笑いしている。

あまり真剣味の無い絡み。

みてても、ヘラヘラした表情で、全く見入れない。

ジャケットを見たときは期待したんですけどね…残念な1本でした。

ソフトレズの典型。派手さはないが、イメージを好まれる方に良い

好き合ったお互いがなんとなくレズになった、という初めて同士のレズシーン。

100%ではないにしろ、初めてレズの場合は恥ずかしさをごまかすためにキャッキャッするのが典型的。

とはいえレズマニアの方は、お互いにハアハア言いながら絡み合う形を期待される方が多いのですが、この作品ではほとんどなく、友達同士の馴れ合いにしか見えず不満を感じるかも。

完全なソフトレズですので、凄いレズをお求めの方はこの作品はやめた方がいいでしょう。

しかし逆に、キャピキャピしたイメージを好まれる方には、いいかもしれません。

激しく求めあう派手で激しいシーンを嫌う方にもお勧めです。

「はじめてのレズ友達〜ふたりきりの放課後〜 月本愛 咲良つむぎ」の本編動画はこちらから

Related Posts