日常的な非日常 – 毎朝、忙しく家事をしながら10人息子と連続セックスするお母さん ひさ代(47)

毎朝、忙しく家事をしながら10人息子と連続セックスするお母さん ひさ代(47)

「そんなに突いたら母さんオカシクなっちゃう!母さんヘルニアなんだから!」この家では、息子の朝勃ちチ○ポの処理をするのはお母さんの仕事!10兄弟の連続近親相姦で、母さんマ○コ発狂寸前!朝ごはんを作りながら、洗濯物をたたみながら、突き刺さる息子チ○ポの雨あられ!主婦の朝は忙しい!

「毎朝、忙しく家事をしながら10人息子と連続セックスするお母さん ひさ代(47)」の本編動画はこちらから

日常の中でも妖艶さが有ります。

七海ひさ代さんを「ある倒錯した作品」で観て、スリムが余り好きで無い当方が、滲み出る妖艶さに魅せられて購入してしまいました。

ひさ代さんは妖艶さが体や風貌から滲み出てますね。

本番の回数は途中からカウントしなくなりました。

次から挿れ続けるのですから…。

息子たちの事を気遣いながら、挿れられている快感に耐え忍んでいる様子が最高でした。

とわいえムッチリ好きの当方が魅力を感じるのは、結城みささん以来じゃないですかね。

地味目でも魅力に溢れてますね、ひさ代さんは。

よりリアリティを持たせる演出を期待

(リアリティを求めるのは筋違いかもしれないが)朝の忙しいはずの時間帯に男がえんえんとピストンを続けるのは全くリアリティに欠けてイライラする。

単なる間延びである。

無理して130分引っ張るのはやめてほしい。

さっさと射出(だ)させてテンポよく展開してほしい。

なんだこの日常!!

台本を読まされている感じはゼロです。

恐らく全てアドリブだと思われます。

普段、行為が始まるまでポンポン飛ばしてしまうが、この作品に至っては一秒たりとも飛ばさず見れた。

男優さんたちの演技も素晴らしくしっかり設定されていて、息子同士の会話も聞いていてクスッとなる場面も多々ある。

なんとも素晴らしい日常をしっかり捉えられているコメディ要素が強いかと思ったのもつかの間女優さんの演技、男優さんの演技、ワンちゃんという名のワンちゃん(笑)、そして絶妙なカメラワークいつのまにか、日常の中の非日常が、私の中で日常と化した。

興奮しながら、息子同士の会話でクスッとするなんとも新しい道が開けたような気がする。

まるで本物の家族のような演技力にただただ脱帽した。

最高でした!

明るい輪●、オリジナルお母さんの七海も素晴らしかった

キャラが可愛くて面白いです。

タフでエロくて、もちろん熟女ファンでなくても、ちょっと驚きのドキュメンタリー!彼女のファンの自分もびっくりしましたが、初めて見る人でも充分楽しめるはずす。

ドラマでの評価があまりに高くて、そのイメージでかたまっている人にこそ逆に是非おススメです!雰囲気も言葉もエロ動作も筋書きがないそうで女優さんの内面から自然に出てきたものだそうで、10人の息子との会話も、同時に何人かに呼ばれて答える会話のやりとりも、これくらい粋のいい母親でなければこんなに子だくさんなわけがなく、ビッグマザー!俊敏に息子達の言葉に反応するし、妙にリアルだし、この女優さんらしい目だけでなくて耳もいい、五感フル稼働という感じで、好きですね、こういう七海ひさ代さんも。

美熟女メーカー美人魔女「ななみ」を見た直後だったので、この差は一体?別人のように変わる、流石!お見事!!

ドキュメンタリー母像になった七海ひさ代

決まった台詞や台本なし。

矢継ぎ早に現れる息子多数、男家族の中の紅一点が七海。

できるだけ自然な情景を撮ろうとした企画?監督?の意図は最初のうちに気づきました。

展開も早い。

挿入映像があってもなくても、それが全く気にならないところもこの女優さんの見せ方の上手さの一つ。

母役になると切ない背徳感のあるものが多かった。

七海ひさ代の新開拓地。

見せ方も上手い女優さんだが、途中から人数の多さにてんてこまい、そこを追いかけるカメラの上手さも逸品。

母キャスティングでもっと良作になるか?と言ったら、その方がギャンブルになる… としか思えない。

アドリブの声も動きもアクション、10人の息子の個性を見抜いた上での咄嗟のアドリブなどは本当に良かった。

ワイシャツのボタンをかけ間違えた息子(男優)もどう見ても素だろう。

とにかく1カットで一気に駆け込むように無駄のない見せ方を随所に散りばめている。

さすが!

お母さんは大変ですね

1時間30分ほどコミカルな絡みが続きますので、ここはしっかり我慢したいところ。

後半の喘ぎはいつもの七海節。

上目遣いの口淫を堪能しながら、時間いっぱいまで楽しみましょう。

ドキュメンタリーだからこそ!ならでは!

Perfectと思います。

前作は熟女メーカー大手M社専属デビューされた女優さん。

意外と女優名を分からず視聴していたレビューコメントが多かったのが不思議です。

艶尻、美乳、見事なくびれ、美顔、このへんは七海さんの人気度は高く、美尻アングルを追いかけているカメラに感謝です。

ドラマでは優れた演技力でも話題にあがる人ですが、他メーカーのドラマと見比べたら簡単に分かります。

息子多数と一気に息を合わせるところなど、AV色に染まった男優たちが勢いについていけないくらいの本気の七海ひさ代が大声を出したり、絶対にドラマでは見ることができなかった。

あとは見る人の好みの問題でしかないですよね。

タカラで同じシリーズに出ています。

ちなみにそちらでは七海さんが先。

あとから松嶋さん。

圧倒的に演技もエロも七海が群を抜いています。

今回はまるで別人で限りなく素の表情になっています!女優名を伏せてあったことには残念の一言。

こんなところに!

爽快なお母さん、パッケージを見れば一目瞭然、七海ひさ代さん。

特に彼女の美尻が満喫できるし、背徳感や凌●される潤んだ目が多い作品が多かったが、元気いっぱいの七海ひさ代が見れて、独特なキャラや、肝っ玉母ちゃんぶりが良かった。

これだけ見たらすぐに分かるし、本編を見なくてもジャケット画だけを見てすぐに分かるのだから、企画作品だという点では分かっているつもりですが出演女優さんの名前を伏せてしまうと見逃すところ!ジャンルの中に定番の熟女の文字もない。

目線ありジャケットなら仕方ないですが、そうではないのですから、この惜しいもったいない遅れが不思議でならない。

わざとですか?逆なような気もするのですが。

彼女のファンだろうが、そうでなかろうが、大人数乱交企画でもないし、女優さんは一人なのだから、限りなく単体作品に近い、企画作品ではないでしょうか?こんな七海ひさ代さんが見たかった!

シリーズでは異色作

このシリーズ、コミカルな要素があり、それがにやりとさせたり、ほろりとさせられたりします。

本作は、そういった色が薄くドラマはストイックでリアルに進行します。

兄弟での仕事についてのやり取り等、とても現実的ですがエロの要素からは離れていきます。

リアリティを求める方には、オススメですがエロい要素は薄くなります。

ガラリ別人に化す女優、七海に驚く

旧作あたりの動画から見ているところですが、初期の頃の作品と比べてガラリと別人に見えてくるところがあり、顔や声や体は同じでも、声の出し方ひとつ、一言のセリフを言うのにも、いくらドラマ指向の役柄設定のあるものであるにはせよ、比較するにはもったいない出来栄えです。

他メーカー作品と大きく違うところを狙ったSODらしいともいえる戦略的企画とも言えるかもしれない。

この作中の七海ひさ代さんは自分としてはかなり好きです。

この女優さんで、またガラリと違った企画があっても、難なく見せ場を壊さずに良作になるだろう、という気がしてなりません。

期待しています。

前作越えず

やはりこの作品は女優で決まるので、個人的には前回の方の方が良かったと思います。

今回は演技がわざとらしいし、体も細身で巨乳や巨尻ではないので映像的に迫力も少ないと思います。

3作目出来るのか??今回の売上げ次第ですかね。

監督さんへ女優選びは慎重にm(__)m

日常的な非日常

自分はこちらの女優さんを知りませんでしたが、タイトルで購入しました。

結論から言うと非常に良かったです。

女優さん含め出演者の方々が、お互い愛し合ってのセックスではなく、家族同士のスキンシップの一環であるかのように淡々と、しかし和気藹々とセックスしている非日常な感じが非常に抜けます。

男優さんの方々もセックスしている隣で談笑しあうなど、家族的な雰囲気も良しです。

是非ともシリーズ化してほしいです。

「毎朝、忙しく家事をしながら10人息子と連続セックスするお母さん ひさ代(47)」の本編動画はこちらから

Related Posts