【水元ゆうな】ゆうなは良いが男優がプラスαを引き出せない – 未亡人の柔肌 義姉さんが犯●れたあの日…。 水元ゆうな

未亡人の柔肌 義姉さんが犯●れたあの日…。 水元ゆうな

私は、夫の形見である店を守るため高利貸しにすがりました。

男のいやらしい要求に従わざるを得ない日々。

でも、自分さえ我慢すればすべてが守れると思っていたのです。

あの日、義弟に淫らな姿を見られてしまうまでは…。

「未亡人の柔肌 義姉さんが犯●れたあの日…。 水元ゆうな」の本編動画はこちらから

女優名: 水元ゆうな

水元ゆうなが好演

亡き夫が経営していたレストランを護るため、融資の担保に身体を差し出すも、精神的には堕ちていない未亡人の設定です。

演出もその設定を上手く使い、精神的には屈服していないヒロインに、屈服の言葉を絞り出させたり、奉仕をさせたり、ツボを得た演出です。

そうした役を水元ゆうながキチンと演じていて、かなりそそられました。

欲を言えば、ヒロインが大事に護りたいレストランで奉仕をさせ、客や従業員にばれない様に耐えさせるなどのシーンがあるともっと良かったと思う。

(最近のアタッカーズはそういうシーンが少ないのが残念)

むっちりボディに輝くような肌の義姉が強●相姦に身体を震わせて…

夫の形見の店の為に下劣な高利貸しに肉体を蹂躙される義姉?夫の遺影の前で口に肉棒を押し込まれ…口腔に獣液が迸る目撃してしまう義弟?嫌悪しながら身体が…陰核をローターで責められ荒々しいクンニに恥を晒す融資増額と引き換えに男根を咥え球袋をしゃぶり男のケツ穴にまで奉仕命じられるまま男に跨り激しく突かれ悶え狂い淫情に敗北牡汁をまき散らした穢棒を舐め清める Nice?案じる義弟の前で命令に従いストリップ股間に指を這わせ自慰する姿を晒す 素敵!乳房を揉みしだかれ強●された義弟のクンニに身体が震え…イクっ従順に義弟のモノを咥え女壺にまで迎え入れるいつしか男の情欲を積極的に受け入れて…立バックで男に荒々しく責められながら義弟のモノを唇で一途に扱き…男汁が胎内にそして口腔に!Good!水元ゆうなさんはまさにMの女王様!

ヤラレる、ゆうな、はいつもエロいです

「プレイガール」にまた入り、前回、見なかった作品、DLしてるけど―本作、評価はイマイチだけど、私には…。

2010/08/07releaseで、1983年8月31日生まれのゆうな、27歳ちょい前の作品か。

2003年5月デビューでまだ現役とは、恐れ入るばかりです。

3000Kbps動画、画質はnice。

モザ、大きめ。

吉村、いい味を出してます。

コミカル系も陵●系も、うまくこなすなあ。

台詞、半分はアドリブなんだろうなあ。

一徹(弟役)との強●FUCK、吉村の言葉責めが利いていて、非常にエロいです。

そして吉村も加わって…。

ゆうな、デビュー以来の作品、いろいろ見てきたけど、本作、当たりです。

オマケなしの、「5」です。

同時発射

はじめの頃に咥えたままの口腔内発射一回があるのが嬉しいが、さらに終盤には後ろからの中出し発射と咥えたままの口内発射が同時に行なわれるところがぐっとくる。

ゆうなの性器と口から二人分の精液がたら~りとなるところが非常にいやらしく素晴らしい。

ミスキャスト

水元ゆうなの作品としては「隣の男・・・」に匹敵する良い出来だと思う。

肉体もいちだんとエロくなった感じがする。

前半は愚息がいきりつほどエロい場面がてんこもりだが、後半、義弟との場面になると一気にテンションが下がる。

あと、前にも書いたことがあるがこの男優、でっぷり腹が醜すぎる。

最初は気にならなかったが、とくに正上位の場面、腹がじゃまでかんじんなところが見えない。

後半、少しかっこいい男が●すような筋書きなら満点だったのに。

水元ゆうながいいだけに非情に残念。

イイ女

ゆうなちゃんの美乳いいですね。

金玉も入念に舐めイラマされていく姿に勃起。

騎乗位では腰をふり快感にめざめていくゆうなちゃんがいやらしい

水元ゆうな綺麗です。

「龍縛」というレーベルに物申したい。

少し前まで「蛇縛」がハードSMで、「龍縛」はソフトSMという認識でいたのだが、それは違ったようである。

「龍縛」は、「縛」の文字は当てはまらない、暗いエロドラマのレーベルだったみたいだね。

だったら、縛りを期待させるようなレーベル名は変更したほうがよいのでは?

丁寧に作られたドラマ

髪型や服装のせいか、人妻役が結構はまってる。

夫の残した店を守るために、どんなはずかしめにも耐えるという立ち位置を最後まで失わず、羞恥や屈辱、嫌悪を所作や表情でしっかり表現しきった演技力も素晴らしい。

プレイ自体はそれほど独自なものはなく、ラストも3P中出しくらい。

つつましく生きようとする未亡人が、精神的にも肉体的にも凌●されていくドラマ性で見せる作品と言えるだろう。

斬新さはないが丁寧に作られた良作だと思う。

水元ゆうなはいいが、フラストレーションの残る作品

原因は男優。

 他の作品では常に姑息な役ばかりなのに、今回に限って悪を気取っても全然サマになっていません。

 しっかりした悪役があってこそこの作品が輝きを放つのです。

もうひとつのイライラは、最後に義弟との一線を越えたカラミがなかったこと。

おそらくこれを見たほとんどの人が、まともな容姿の義弟と結ばれることを期待したはず。

ともかく、あの男優さえいなければ、きっといい作品になっていたはず。

制作する際に何を視聴する者が求めるのか、制作サイドはよく考えて欲しいです。

ゆうなは良いが男優がプラスαを引き出せない

ゆうなは相変わらずエロク頑張っているが他のレビューでも言われる通り男優が致命的に演技がわざとらしく超下手糞。

こいつはどの作品に出ても大根。

演技がわざとらしく見ていてせっかく良い脚本もこいつのために常に不愉快になる。

この業界もソロソロじったと銀次に頼らない新星が現れることを望みたいなあ。

明確に男優の低評価が作品の評価に強く影響している典型的な作品だ。

「未亡人の柔肌 義姉さんが犯●れたあの日…。 水元ゆうな」の本編動画はこちらから

Related Posts