【花咲いあん, 篠田ゆう, 倉多まお】激しい – 実録 人間家畜ドキュメント2

実録 人間家畜ドキュメント2

人里離れた山奥に女を集め、従順になるまで調教する、通称・家畜牧場。

拉致されたら最後、女たちは人としての人生に終わりを告げ、一匹の家畜として生きてゆくことになる。

生か死か…二者択一のサバイバルの中、女たちは…。

「実録 人間家畜ドキュメント2」の本編動画はこちらから

女優名: 花咲いあん, 篠田ゆう, 倉多まお

なんかもったいない

この作品は後半が完堕ちビッチとの和姦みたいになっちゃって、それを撮りたいがために前半の堕ち方があまりにも早い。

「脅迫スイートルーム」なみにあっという間に堕ちる。

序盤の花咲いあんなんて、ガチ拒絶してた女が感じ始めちゃってそれでも必死に心理的な抵抗を続けようとする感じが素晴らしかったのに、最初のレ●プはなんとなく抵抗したまま終わっちゃって、なぜかその後のフェラシーンで完堕ちするという訳の分からない展開。

次の倉多まおも怯えてる割に最初から感じまくっちゃっててとにかく堕ちるのが不自然に早い。

後半でビッチ化させたいためにそんな演出にしてるなら、ビッチ堕ち自体を諦めるべきだった。

無理やりなプランのために全体のバランスがおかしくなった作品。

もっといいものになった可能性が高いだけに作り手のセンスのなさが残念。

なお、篠田ゆうは背景程度でカラミはほとんどないと言っていい。

花咲いあん の堕ち方が良かった

人間家畜として3人登場するが、篠田ゆうはすでに調教済みで、作品自体には特に影響していない(途中で出荷されていなくなる)。

二人目として花咲いあん、三人目として倉多まおが拉致られてくるが、特に花咲いあんの演技が良かった。

最初の抵抗していた姿と、最後の出荷前の堕ち方の演技が素晴らしかった。

評価としては、最初の抵抗していたシーンから、いきなり堕ちたシーンに移る為、その過程をもう少し増やして欲しかった。

(特に食事シーンなどは不要だと思ったので、その分・・・という感じ)

3作目にも期待!

前回とは異なり拉致されるシーンを省いたので、長ったるい前置きがなく良かった。

篠田ゆうは既に調教済みで、花咲いあん、倉多まおの順に連れてこられて調教されていく。

篠田ゆうは途中で出荷と称していなくなる。

花咲いあんの演技がよく、イクのに耐えている様や調教後の演技が良かった。

ただ残念な点は、最後のチャプターの撮り方が悪く全体的に暗い。

カメラを引き気味にすると、女優さんの表情がよく見えないので残念だった。

できれば、調教過程の様子ももう少しあっても良いかなと思う。

激しい

こんな作品を出していいの? と思うくらい凌●性が激しいです。

よくこんな非道なストーリーを考えたと思いました。

好き嫌いが別れるかも知れませんが、観る価値は十分あります。

特に花咲いあんさんが気の強い女性役をやり、最後は堕ちていくさまを好演しています。

「実録 人間家畜ドキュメント2」の本編動画はこちらから

Related Posts