【板垣あずさ】枕営業を強いられるタレントは存在する – 貞操帯の女14 板垣あずさ

貞操帯の女14 板垣あずさ

人気グループの一員として脚光を浴びていた小百合は惜しまれつつも引退し、その後結婚。

幸せな家庭を築いていた。

そんな折、現役時代の所属プロダクション社長・真島が訪ねてくる。

しかし、芸能界に嫌気のさしていた小百合は…

「貞操帯の女14 板垣あずさ」の本編動画はこちらから

女優名: 板垣あずさ

意外にも女優は演技が出来て悲哀を表現してくれる良作

いきなり理不尽に犯●れ前戯無く挿入され泣きながら抵抗し中出しされてリモコンバイブを入れられ貞操帯を装着される。

展開が早く無駄が無いし女優も汗を滲ませ熱演を見せる。

悶々とする女は貞操帯を外して貰う為事務所を訪れ言いなりに性的虐●を受ける。

貞操帯を外されて言われる侭に足を開いた姿は実に卑猥だ。

指とローターで嬲られて細い身体を反らせ挿入を受け入れて激しく突かれてイキ、トイレで貞操帯のまま屈辱の放尿をし口を犯●れる。

女は奴●化し事務所の社長の男根を咥える日々を送る。

そして女は寝室で自慰を試みるも貞操帯のために目的を達成でき無い描写が秀逸。

更に3Pで芸能人裏ビデオを撮られる。

敏感に成った身体を攻められ、四つん這いで指を入れられ自分で腰を動かしつつ男性器をしゃぶる。

もう抵抗はせず嫌悪感を抱きつつ自ら騎乗位で挿入し腰を動かし逝く。

これに類することが実際にあったのかどうか

元アイドル設定は無理がある、とか書いてあるレビューがあるが、板垣あずさ本人が、酒井若菜や原史奈、安めぐみらを輩出した制コレ出身の正道アイドルだった事実を抜きにこの作品は語れない。

正統派グラドルからAV女優への転落、引退から復活への陰で●物やDVのうわさが絶えず、AVファンの間で性搾取がまことしやかに語られてた彼女だからこそ、業界人によるレ●プと性奴●化の筋書きが単なるドラマ以上のリアリティーをもって感じられるのだ。

実際に女優に何があったかなど分かるわけもないが、この作品での女優の犯●れっぷりに、彼女の実体験を想像して重ね合わせてみると、単なるドラマAV以上に味わい深い作品と言えるだろう。

演出はよい

貞操帯シリーズは好きでみでいる。

この作品は、演出はグッドだが、女優の平板な演技により、全体的に盛り上がらない。

貞操帯をつけられた悲しみ、悲哀を表現することがこの女優の演技力だと無理。

ただ、貞操帯をはずそうともがく姿や、いままでなかったトイレの中で漏らしてしまうシーンはよかった。

シナリオ三流で女優の頑張りで救われる作品は多いが、この作品はまさにその真逆。

違う女優で見てみたい。

真逆キャラクター*黒い未亡人シリーズ*を創めろ!

この貞操帯の女シリーズほどAVに相応しくないタイトルは無いアタッカーズの看板であるはずの:リアルの誇張誇大妄想、映像によるエロチシズムの追求;これが全く感じられない。

ネタに困っているなら黒い未亡人シリーズをやれよ。

レ●プ輪●体験から男と社会の不条理に苦しみ男達や権力者に復讐する:旦那を科学知識とプロファイリング、催●術を駆使して殺害する天才連続殺人鬼を設定したらどうだ。

主演女優は、心が広いのに何故か嫉妬深い、賢いのに何故か時には激昂する、紗倉まなちゃんが適役。

第1回目はテトロドトキシンとアコニチンの合製薬で旦那を殺して保険金を奪取、てのは、どうだ?この女になら殺されてもいいと思える魅力的な殺人鬼はプロファイリング的にも:紗倉まな;しかいない。

ちなみに、前述した2つの毒は即効性の毒だが合成すると遅効性の毒になる。

その毒は日本で迷宮入りしかけた刑事事件で使われたものだ。

新しい試みを希望します。

貞操帯の女は、ほとんど見ています。

今回の主役は、花がないですね。

でも、ついつい見てますがーーーー。

貞操帯の女1とか貞操帯の女3があの当時としては斬新でビリビリ、ドキドキきました。

最近は、コンビニとか病院とか事務所が多くてマンネリ気味ですね。

希望は、資産家の奥様と娘に貞操帯を着けては外し、外してはつけ。

貞操帯を着けたまま外出や、パーティとか夕食とかをさせて欲しいですね。

勿論、鏡の前で服をめくり悲しい顔、トイレ、バスワールームでのパートは必ず必要です。

バイブを入れる時も、外す時も、はっきり見えるカメラワークで。

調教とかSEXシーンは1回につき10分~20分で十分です。

奥様役は、貞操帯が抜群に似合う愛田奈々、娘役はみなみ愛梨か鶴田かな。

金持ちの資産家の母と娘を最後まで資産家のステータスをそのままに実は、着物の下に洋服の下に貞操帯を着けて生活しているそんな貞操帯の女を期待して待ってます。

女優がくたびれている。

元アイドルの設定は無理があるかな。

女優がくたびれ過ぎている。

スタイルも良い方ではないし。

演技も一本調子でドラマ性に薄い。

あまりお勧め出来ない作品。

スレンダーな元アイドルが接待用の奴●へと堕ちていく…

元アイドルの新妻狙う淫獣!0:06襲いかかる社長注がれる体液押し込まれる淫具貞操帯まで…0:23外して!事務所を訪ねる妻迫る淫獣荒々しい責めに喘ぎ啼き命じられるまま迸りに舌を差し出す妻0:54覗いた後輩が襲うWCに連れ込まれ晒す惨めな放尿姿猛り立つ一物が唇を●す1:08社長室で淫獣の怒張に懸命に仕える妻口腔で弾ける獣欲…1:13後輩が自宅へ跪き咥える男根夫が帰宅しているのに…蠢く淫具に躯が!1:20懸命に哀訴する妻命令通り一途な奉仕を捧げるまたも口腔に精液が!1:23自宅で自ら指で疼く女肉を慰める妻1:28カメラを手に襲いかかる淫獣達執拗な責めに躯が燃える…いつしか従順に獣欲に尽す妻男根を咥え自ら腰を振り快楽に溺れる夥しい体液に唇を開き穢れた肉塊を舐め清める…完成した性奴客の手を取って…

枕営業を強いられるタレントは存在する

板垣あずさはやせすぎであまり好みではなかったが、この作品はいい。

現役時代清純派アイドルをしていたが結婚して引退、幸せな家庭を築いていたが、前のプロダクションの社長がやってきて強●、貞操帯をつけさせられ、社長の思うがままにあやつれるように調教される。

後輩の男はよけいだが、話を膨らませる都合上必要だったんだろう。

最後まで夫にばれないのは不自然に思えるが、貞操帯をつけて生活するという設定自体一つのメルヘンなので、これでいいだろう。

しかし実際、所属プロの社長から何らかの圧力を受けて枕営業を強いられているタレントは、昔から存在し現在もいる。

話の下地はメルヘンではないのだ。

「貞操帯の女14 板垣あずさ」の本編動画はこちらから

Related Posts