エエんちゃう?? – 映画研究会サークル 最後の夜

映画研究会サークル 最後の夜

映研サークル仲間の真司に思いを寄せるマコ。

真司は大学卒業を機に故郷へと帰るという。

真司が旅立つという日にマコは2人きりで時を過ごす。

それはちょっとしたきっかけで始まった。

たちまちに思いがあふれ、どちらからともなく肌を合わせてしまう。

気持ちは加速し、心のおもむくままに、熱いキスとSEXを繰り返えす。

残された時間はあと少し。

卒業を前にやり残していること、言えなかった言葉をマコは真司にぶつけるのだった。

「映画研究会サークル 最後の夜」の本編動画はこちらから

マンネリをぶち壊す新しいエロ

フィクションではあるが、時折見せる女優の表情がドキュメンタリーに感じてしまうリアリティ、そこに今までのAV作品では見られない“エロ”を感じてしまった。

学生時代の友達、仲間を好きな気持ちに気づいてしまったが、どう伝えていいかわからない女子と、どう受け止めていいかわからない男子が、不器用な間合いの中でセックスに至る。

ギグシャクした2人が理屈抜きで身体を求めあう姿と、理性なんてどうでもいいといわんばかりの女子の肉体に欲情してしまった。

本当にシタいセックスをしている時の女はこんなにもエロいのかと・・いまはたくさんのフェチ系エロビデオが出回ってるが、これも一つのフェチなのかもしれない。

個人的には、初めて2人が絡む時の延々と永いディープキスは好きだ。

女子目線を感じたが、女性AV監督が作る「女性向けAV」ともまた違う。

ちゃんと男目線のエロも入っているところが新しさを感じた要因かもしれない。

抑えていた欲情を爆発させた女子は、すっきりしたと思いきや、なんとも言えぬ複雑な表情で作品は終わる。

男にとってのセックスは単純だが、女にとってのセックスは何ぞや?と妙な余韻を残す。

Good Job!

なんだろう、一言で言うと「綺麗な18禁作品」とでも言うべきか、カメラワークと言うより脚本と演出に優れていて監督GoodJobです。

出てくる俳優陣全て、そして主役の女優も、本当に丁度大学を卒業するころかと言うあたりも細やかな配慮がされ、AVだから絡みのシーンさえあればいいだろ的な多くの作品と違い適当に作ってない!最初の二人のキスシーンの長さも最高で、少しずつお尻や胸を福の上から触っていくあたりも、青春を思い起こさせる。

終盤に出てくるフィルムをバックに始まるシーンなんか見ると、まさに「若いっていいなあ」「若い頃あったなあ」を連想させて最高でした。

好きなのに素直になれなかった二人、互いの気持ちを確認し、マコちゃんは、最後の絡みでようやく「好き」って言うが、結局は、遠距離になるゆえの最初で最後の想い出造り…?後悔はしない…?的な雰囲気が良く出ている。

欲を言えば、この女優さん、かなり積極的な絡みをする女子大生という設定なのに、感じ声が今一つなので、綺麗な作品がゆえに抜けそうで抜けず、もっと声が出る女優さん、他にもいただろうにという点が残念だった。

でも、星は5つの作品です。

これはAV界の革命!新ジャンル!

サンプルを見て何か今までのAVとは質が違うなと感じ購入してみましたこの作品はとにかくドラマのほうの比重が大きい!長いというわけでなく流れを作ってます。

「ドラマ18禁」とでもいうジャンルになります!ので普通のドラマでは目覚まし時計でクルクル回って朝になるところを(古い)しっかりそこをAVしてます。

ベッドの中でもドラマの流れがあるのでちょっとシュチュエーションを足したAVなんかとは質が全く違うのです。

PCで18禁版がこの作品で 全年齢版がテレビのドラマのようなそんな感じです演じている女優さんも男優さんも違和感ないくらい上手な演技でした。

次は質はこのままでライトノベルやエロ漫画くらいの緩い設定で楽しいの期待します。

エエんちゃう??

テラスハウス興味ないけど、そういう感じのカメラアングル??好きな人は、好きだと思う。

個人的に最初のおかんのLINE返信がツボかもな?

「映画研究会サークル 最後の夜」の本編動画はこちらから

Related Posts