【武藤あやか】変貌に感激 – 愛してるあなたへ。本当は… 元上司だったあの人 武藤あやか

愛してるあなたへ。本当は… 元上司だったあの人 武藤あやか

マイホームを買い、幸せに暮らす夫婦。

ある日、妻・京子は元上司だった龍三と偶然出会った。

仕事は上手くいかず、妻にも逃げられ、すっかり変わってしまっていた龍三。

何かしてあげようと夕食に招待することにした…。

「愛してるあなたへ。本当は… 元上司だったあの人 武藤あやか」の本編動画はこちらから

女優名: 武藤あやか

美しい顔とアンバランスな身体

何気ない所作にもリアル人妻の香りを感じます。

綺麗な顔に控えめな物腰。

わが子に吸われつくし枯れ果ててしまった乳首と乳輪。

帝王切開の跡が夫婦二人暮らしの設定に?マークがつきますがそれを言ったらお終いなのでスルーしてください。

激しくイくようなことはありませんでしたが、ちゃんとよがり感じています。

妙にエロいねばねばセックス

痩せすぎ・演技下手の感じがあったが、感じてイク時の表情・喘ぎ・息つかい・身体のしなり等、妙にエロい女優だった。

小沢のべっとり全身舐めまくりも良かった。

演技力のない素人的なのが、本作では本気度の強いセックスをしているようで逆にエロく、女が感じまくれば演技等いらないとも感じた作品。

ながえだからできたのかも。

妻が元上司の性処理にされていた

ここまで不倫の快感に溺れ狂うものかと考えさせられました。

人妻の心の中に潜んでいた欲情は、夫以外の男に無理矢理犯●れ情事に快感を得てしまった事。

そんな不条理な肉体を持ち合わせた人妻も悲しい結末になることは目に見えています。

夫が妻と元上司の関係に気付くのは時間の問題です、色ボケして不倫を続ける男女にはサレた夫が気付いた時の衝撃など計り知れません。

ラストの夫が食卓に居る背中のキッチンで、妻が元上司とベロチューしてる描写。

”ながえ作品”ならではの演出でした。

個人的意見ですがキッチンでキスし合う妻と元上司に”夫が振り向いて気付いてしまう”のも衝撃的で寝取られ感があったかも知れません。

変貌に感激

言っちゃあ何だが、女優はルックスは並み、脱ぐとスレンダー(やや筋肉質)ではあるがいかにも経産婦のカラダで、近所にいそうな人妻である。

最初のカラミはあまり期待しないで見ていたが、後半、部長と情事に溺れてからの本番がすごい。

特筆すべきはバックで自分から動く場面で、背中の反り返りが超エロい。

こんな反り返り方を見たのは葉月樹里さん以来か・・・。

見終わると、あえて普通っぽい女優を選んだこと自体が成功のカギだったように思え、もう一度見返してしまった。

個人的好みだが、マン毛が濃いのもgood。

「愛してるあなたへ。本当は… 元上司だったあの人 武藤あやか」の本編動画はこちらから

Related Posts